hubsanのブログ

とりとめもなく時計をかき集めてます。気になるのはともかくポチッとな。買って溜息、買わずに後悔。(-.-;)y-~~~
このブログは別のブログで過去に掲載した記事のストックヤードとなっています。その為更新はほとんどありません。(^-^;

同じ歳の オールドインター


自分と同じ歳のIWCです。


これはレディースで、ヨメにプレゼント用として自分の歳と同じモノを探し、ようやく見つけたものです。

別に誕生日とかイベントがあったわけでは無いので、ほとんど自分の趣味の押し付けかな〜。(=^x^=)


古い時計はシリアルナンバーなどからいつ作られたかは大体わかるのですが、これは当時の元箱と保証書が残っていて、保証書に販売された年が記載されていました。


この時計は香港の、日系百貨店で販売されたようです。当時はまだ物品税がかけられていて、このような品には確か国内で購入すると30%課税だったはず。昭和20年代なんかは60〜50%代だったようで。。うひゃーΣ(゚д゚lll)


今とはエライ違いですね。そりゃあ外車が安くなる訳だ。

子供の頃、BMWやポルシェでもスッゲー!カッケ〜〜!と見ただけで騒いでいたように記憶してます。珍しかったし、当時はスーパーカーブームだったしねw


昔であってもIWCはなかなかの高級品だったはずなので、海外へ行った時に購入されたのでしょう。裕福なお家だったのかもしれないですね。うちは当時長屋暮らしでとても海外なんて行けるようなお家ではありませんでした。(^-^;白黒テレビの時代だし。。


この時計は相当大事にされていたのではないかと思われます。文字盤、針に痛みはなく、綺麗に箱に入れたまま保管されていました。

時計の中身もほとんど汚れなど見受けられません。


キャリパーはチラネジがついたテンプがついていて、各パーツのエッジの磨きなどもかなり綺麗に仕上げられていて美しいです。(*´꒳`*)




オーバーホールをいつも頼りにしている所へお願いしました。安いだけの変なところには、さすがに出す気にはなれません。


手巻きの感触はとても滑らかで、使用した時の精度はかなり良く、素性の良さが実感できます。


ケースはこの頃によく見られるCラインのケースで元々はジェラルドジェンタのデザインだったようです。今でも全然見劣りしない素晴らしいデザインですね。


文字盤の旭光仕上げも悪くないですが、ぱっと見に小さくインターの社名だけが記載されてるだけなので地味かもしれないです。


クロコのベルトと、つけやすいようにDバックルに付け替えてヨメにプレゼントしたものの反応は薄く。。

_| ̄|○


ま、興味がなければ、ただの古い中古の時計にしか見えないんだろ〜な。そういえば、クレドールの時も反応薄かったしなぁ。

車も色が似てたら、違う車を指差し、早く鍵開けてとか平気で言ってたし。。機械系はだめかも。

(-.-;)y-~~~


まぁ、ほぼアンティーク時計なので普段使いされると、防水性もなく、日光に晒されると文字盤も早々に傷むので、これで良かったのかもしれないです。


世の中うまくできてるもんだ。

なんてね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

アンティークとして ロンジンの懐中時計


LONGINESとCUERVO Y SOBRINOSのWネームの懐中時計デス。


ロンジンは有名なので読めると思いますが、後はクルエボ イ ソブリノスと読み、キューバのハバナにある時計メーカーで、歴史もあり、かのヘミングウェイも顧客の一人だったそうです。


中のムーブは1915年のアンティーク、ケースは1900年のものです。

どっちにせよ100年前のシロモノですな。それでも、今も元気にわりと正確に動いてマス。

スゲーな。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ




ケースは銀無垢がベースになっていて、その上からローズゴールドをのせ、手彫りで花の図柄が掘り込まれています。金と銀の2色使いになっている、ちょっと珍しいデザインかなと。文字盤はポーセリン(陶器)になっていて、残念ながらうっすらとヒビが入っています。そのせいで価値はたいしてありません(=^▽^)


ただ、まぁ、100年もの間、壊れずによく残ったものだと感心します。




裏蓋をあけると、LONGINESのサインと共に、金色で5枚のメダル、銀色で7枚の美しいメダルが描かれ、中央に7 GRAND PRIX の刻印が施されています。


これは、当時パリ、アンヴェール、ブリュッセル、ミラノなどの都市で開催された国際的な博覧会において、LONGINESがグランプリを受賞したことを記念して刻印されているものだそーです。


数字の7は当時パリで開催された時計展示会において、ロンジンが7度目のグランプリ獲得を記念して刻印されたものだとか。




この懐中時計に金のチェーンを取り付け、時計と反対側部分にTバーの代わりとして、イタリアLATAMA製小型ナイフを取り付けております。

さすがにこれはシリアルがないので製造年は不明となってますが、なかなかいい感じで出ていて、懐中時計に似合っているかと。

ショップによるとこのナイフは20世紀前半のビンテージだろうとのこと。


いちおうことわっておきますが、小型ナイフを飾りとして懐中時計につける事はアルことで、あっしの変な趣味ではないということを記しておきます。危険人物と思われるのも嫌ですし。最近は物騒な事件も度々おきてますしね

(^-^;


100年も前にどういういきさつでこの図案を彫ったのか、どんな人が手にしたのか、どうやって日本の自分の手にわたってきたのか、最初に買った人はこんなトコロへ来るなんて思いもしなかっただろうなと、色々と考えちゃいます。


コレクションBOXから取り出し、ゼンマイ巻上げ定期的に動作させております。


どーでもえー事ですが、今回だけ写真画像をショップさんが撮ってくれたやつから流用してます。だって、綺麗に撮れてるしね。w


たった100年なのか、もう100年なのか、なんと表現して良いのかわかりません。

ただ、おそらくもういない人達の手で巻き上げられてきたゼンマイを、自分の手がカリカリと巻き上げている。

自分は間違いなく此処にいて、またいつの日か誰かの手に渡っていくのだろーね。

いつまでこの流れを続けられるか、楽しみにしています(๑╹ω╹๑ )


これも時計の楽しみ方の一つだと思います。

コレクションとして シチズン ホーマー


ふっるいシチズンのホーマーです。


ホーマーは普及モデルとしてホント息の長い製品で、出荷本数もかなりの数なんだろうと思います。古い時計としてはあんまり人気が無いせいか、かなり格安で手に入れられ、古い時計の雰囲気を手軽に楽しむにはもってこいかと思います。


この時計も、最初はまぁひどい状態のジャンクを超格安で入手。OHといくつかのパーツを入れ替え復活させました。とはいえ、この時計はかなりヘタっていて、姿勢差が大きすぎて、まともに使うことはできません。(*_*)


OHは文字盤上であわせてもらって、日差30~60秒とそんなにひどいモノではないかなと思っていたものの、12時下とか3時下になるととたんにとんでもない遅れが出てしまい、1時間で5分ズレるなんて状態です。半日もせずに30分以上ズレることになりますなぁ。とてもマトモには使えません。

ƪ(˘⌣˘)ʃ


風防や文字盤がけっこう綺麗な状態だけに、チトおしいなぁと感じてはいるものの、SEIKOのアンティークと比べると、文字盤が少しテラテラしてぱっと見にはよいものの、自分の手にずっと装着しているというモノとしてはクドいです。

正直、ゴールドフェザーの方が雰囲気はイイっすね。


モトはガラクタだったので、贅沢言うなってことでしょうが、文字盤などが綺麗なおかげでコレクションBOXのコヤシにはできそうなので、まぁよしとしませう。(*´Д`*)


同じホーマーでもハックがついている鉄道時計のホーマーはちょっと気になる存在ではありますが、なんだかんだでヤフオクとかでは値段がつりあがる傾向にあり、なかなか手がだせない状況です。


自分の産まれた年に作られた時計を手に入れるとしたら、鉄道時計のホーマーには裏ブタに年号が刻印されていて分かりやすく、それだけに根強い人気があるのかもしれないです(^-^;