hubsanのブログ

とりとめもなく時計をかき集めてます。気になるのはともかくポチッとな。買って溜息、買わずに後悔。
(-.-;)y-~~~

戯言 価値について。追記

時計の価値について前回自分なりの考えをまとめてみましたが、先日ふとした事で、別の観点も見出したのでオマケとして。( ^ω^ )


仕事で疲れ果て、夜中にようやく落ち着きを取り戻し眠くなるまでの間、好きな時計をボケっと眺めていました。


その間何を考えていたかというと、一つ一つの細かなパーツを手作業で装飾し、エッジを磨き上げる光景や、この時計をデザインした人は何を想いイメージして創ったのかなどなど。

(*´ω`*)




実は少し前までは工業デザイナーとしてモノのデザインをしていました。


使う人達は、製品をなんとなくで使っているとおもいます。そもそもデザインしてるなんて意識さえしないでしょう。


ペンであろうが、醤油だろうが、路上で配られるポケットティッシュや、配る人のユニフォーム、輸送用のダンボール、そこに記載されている荷扱マークまでもが、全て誰かがデザインしているのです。


デザイン・榮久庵憲司

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/榮久庵憲司



私は創る側の人として、工業製品といえど

企業のアイデンティティ、製品の立ち位置、ブランディング、

使い易さ、他の製品との識別性や、誤使用防止、素材、配色

製造上の都合や、工場での作り易さ、製造国、安全性、廃棄されるまでの流れ、

法的及びその他要求事項やケアマークの配置、可読性、

海外で販売する製品は地域特性など

色々考えに考えて、関係者の意見も聞きながら、自分なりの意志も含め、与えられる短い時間の中で精一杯デザインしてきました。


様々な制約の中でようやく世に送り出した製品が誰かの、何かの役に立っていれば良いなといつも思っています。


そんな経験があるから、どんな物にもデザイナーが苦労して世に送り出してきた物の裏にはいろんな出来事があったのだろうと、つい想いを巡らせてしまうのです。


ほんと色々ありました。。

今は過ぎた事として冷静になれますが、問題が出た時は胃がキリキリ、頭はグルグル、冷や汗ダラダラでした💦

フォローしてくださった工場の方々や、営業部門の方々、関係した皆様への感謝の念は今も変わらないです。


そう考えると、絵画を見る時も画家がどのような心境、時代背景、境遇だったのか等いくつもの要素をからめて観ると、とても面白く観ることができます。

心情が読み取れた時はニヤッとしたりね。😊

工業製品とアートは別と考えていたけど、実はモノを生み出す事においては似たところがあるなと感じました。


だからボケっと時計を見ていても楽しいのかもしれないですね。

╰(*´︶`*)╯♡

戯言 時計の価値

急に何なのですが、時計の価値って何だろうかと、ふと我に返る事があります。

( ˘ω˘ )


基本は単純に時刻を知るアイテムではありますが、趣味の対象となっているのが、どーにも頭を悩ませるのです。


自分の中で趣味という定義は、ただ単純にお金を出して買い集めるだけでは趣味として中途半端だと考えてます。

えらそーな事言ってすみません。。


集めるだけでは、そこに創意工夫や努力はなく、他人から与えられただけの物を、貴重なリソースを費やし、手元においておく。

そこで得られるのは多少の知識と僅かな経験でしょう。


そう考えると、時を知るためのアイテムの対価としては過剰ではないかと感じてしまい、何の価値に対し妥当性を見出してるのか、わからなくなるのです。


そんなこと言い出すと、宝石や、美術品、骨董品もにてるかもしれませんが。時計は工業製品ですしね(๑˃̵ᴗ˂̵)


こうやって書きながら自分なりに整理してみると、ただ集めるだけならただのコレクター。時計を含めて、あるいは基軸として装いを組み立てて、自己表現に必要なアイテムとすれば多少は趣味らしくなるのかな。


あとは、自分で時計を組み立てたり、修理まで出来るようになれば、いいのか。。いや、それはもう時計屋さんの領域ですね(ーー;)せいぜい電池交換までが自分のできる事。オーバーホールが出来るようになれば、維持費は節約できそうですが間違いなく壊す事になるでしょうw


話は元に戻って、時計に対する価値は

世間でも様々です。


ブランド自身であったり、デザイン、中の機械、使用されてる貴金属や、希少価値もありますね。


話が長くなりますが、面白い時計があります。


それはロレックスとチュードルです。


ロレックスは時計をあまり知らない人でもご存知の方が多いですね。


かたやチュードルは時計が好きなかた以外にはあまり一般的ではありません。


※詳しくは以下リンク先をご参照ください。銀座RASIN

http://www.rasin.co.jp/blog/omega/tudor-appeal/


チュードルはロレックスの外装に、中の機械を一般的な汎用機械に置き換えた廉価版ロレックスです。


こういうと偽物と誤解されそうですが、ベルトや、裏蓋、リューズにロレックスの刻印や王冠マークがついたまま販売されてました。文字盤は流石にチュードルの表記となってますが、パッと見には区別がつきにくい物もあります。

ちなみにですが日本ロレックスでチュードルのメンテナンスを受け付けているちゃんとした時計です。d(^_^o)



※引用 銀座RASINより


さて、ここで問題になるのは、この時計の価値はどこでしょうか?

本体外装がそのまま使われているという事は、ケースの性能が良いから、使われたのか?もしくは見栄え?

中の機械があまりにも高価だから価格を抑える為に、一般的な機械に置き換えたのか?

チュードルブランドにもかかわらず、ロレックスブランドの表記あちこちに残したのは、ロレックスブランドの信頼性を活かしたのか?


何処に価値を見出すかは、きっと人によって様々だとは思います。


だから一つだけの尺度で測れるものではないのかもしれません。


時計を通じて色々な事を考えるきっかけになった事が、自分なりの価値かもしれませんね。

(*^▽^*)

戯言 使う時計と使わない時計

自分の所有している時計については、この匿名のブログで公開している以外、ごく一部の人にしか教えていません。


会社でも、時計を集めていることは、ほんの少しの人だけにしか話してはいません。相手から話題をふってきて、よくよく話を聞いてからしか明かさないようにしています。


そのごく僅かな会社の同僚から、「はぶやんさん、すっごい時計たくさん持ってるのに、いつも普通の時計ばかりしてますね。なんでですか?」なんて質問されました。(^^;)


真意を問うてみると、折角手に入れたのに使わないのはなぜ?という単純な質問だったようです。


これには自分なりの考えがあって意識的に使い分けをしています。そもそも職場で一般的でない程高額な物や、お遊び用などは、着けていくことはないですよね。


また、仕事に集中していると不意にぶつけてしまったり、携帯電話やノートPCに近付けてしまい磁気帯びする事もあるので、あまりデリケートな時計を着けていると気が散ってしまい、これもできる限り着けていかないようにしています。


あとは、色や、質感、その日の気分や、こうありたいという願い、その日の天気や、その日に気になった事象などによって、その日の装いを自分なりに考え、シャツの色、ネクタイ、鞄、靴、ベルト、そして時計を組み合わせていきます。


この事は、単純に自己満足でしかないので、他の人にいちいち説明はしないですけどね。😅そうすると何となく普段使う時計は限られてくるものです。


流石にここまで同僚に説明しないので、まぁ会社だしね〜と、ごまかして軽く流してしまうのですが。w


あとは、コレクションの中には身分不相応な物もあり、人前で使う事は滅多にないものもあります。持ってる意味がないと思われるかも知れませんが、いつかは精進してその時計に相応しい人になりたいと自分を奮起させ、律していく為のアイテムでもあります。


相応しい人になってから手に入れるのではなく、先に手に入れちゃってるのは、そこは趣味ですからね〜。テヘッ(๑˃̵ᴗ˂̵)


余談ですが、雲上ブランドと言われる所のCEOも、自分のブランドの時計を持ってはいるが、普段は使っていないそうです。理由は、自分は相応しい人間だとは思ってないからだそうです。勿論の事ですが、着ける必要がある場面では着けているでしょうけどね。(^^)そのブランドのトップですし。


お金さえ出せば買えるものはたくさんありますが、モノを知る人に笑われないようにしたいものです。


オフの時によく使う時計はこれが多いです。

( ^ω^ )


通称ブラックモンスター。

モンスターが大きな口を開けて牙をむき出しにしてるように見えるからだとか。そう聞くとチョット怖いですね。


キズとか気にせず、ガシガシ使い込んでます。潜水対応のダイバーズウォッチ。使い勝手の良い、いい時計です。d(^_^o)


この時計は安価にもかかわらず、かなり真面目な作りで、信頼性抜群。

また、自分のこだわる点である、文字盤のインデックスにちゃんと針が届いていて、秒針の位置を示す三角マークも読み出しの邪魔にならない位置に設定され、各針のデザインを変えている為、読み取り易くなっています。


全てが飾りではなく、必要な機能を与えられていて、意味のあるデザインは機能美にあふれています。


いつもチャチャッと写真を撮ってしまうので、針の位置が適当なのはご愛嬌ということでw