hubsanのブログ

とりとめもなく時計をかき集めてます。気になるのはともかくポチッとな。買って溜息、買わずに後悔。
(-.-;)y-~~~

戯言 流行りモノって

ここ最近の流行として、復刻がキーワードとなっているようです。


※これは復刻ではないですけど、当時のデザインがベースになってます。


今までは、デカ厚といってパネライをきっかけとして、本体の径が40mmを超える大柄かつ厚みが15mmを超えるようなデップリした時計が多かったのですが、最近になってようやくこの異常な流行が衰退し始めました。


欧米人は体格が大きい為、多少デカくてもかっこうがつきますが、アジア系は昔に比べ多少は背が伸びてきているとは言え、やはり差は如何ともし難いですね。


私の体型はおそらく標準に近いかと思うのですが、それでも40mm径を超えると子供が大人の時計はめてるみたいに、不恰好で、やたら時計だけ目立ってしまいサマになりません。


拝借画像ですみません。(^_^)a



オフのカジュアルな服装であればまだしも、スーツを着ている時は、袖口にうまく収まらず完全にバランスを失ってしまいます。


スーツの話題に少し触れたので、ついでですが、最近のスーツのシルエットもなんだかなぁと感じる事が多くなりました。


後ろから見ると特に上着の丈がやたら短くなって、酷い時には袖口の方が長い事があり、下品な言い方するとケツがかなり出で、女性用のジャケット着てるのか?と思う事しばしばです。


まだスーツにボタンダウンのシャツ着てるのはまあネェ・・とはおもうのですが、ケツ丸出しのスーツはどーやねん!と突っ込み入れたくなります。


こちらも拝借画像です。ヽ(´o`;オイオイ


このスーツにデカ厚時計の組み合わせは、もぅなんと言って良いのか、言葉を失い、敢えて直視しないようにしてますw


話が脱線しましたが、ガワだけ大型化してムーブはそのまんまの意味のない流行が過ぎ去り、少しづつ40mmを切るもの出始め安堵してます。


ただ、サイズが少し戻ったと思いきや、今度はやたら復刻デザインが出始めてきました。


アンティークの雰囲気を新しい機械で気兼ねなく使えるのは、コレはコレで価値はありますが、猫も杓子もとなると小型化>復刻版は安直過ぎやしませんか?と疑問を呈したくなります。


古い時計は、長い時を超えてきたそれなりの味があるのですが、復刻版は綺麗過ぎて、違和感が有ります。デッドストックと考えると、コレもありかなと思えるかもしれませんが、復刻デザインは何処か垢抜けているところがあり、なんとも言えない気持ち悪さを感じる事が多いです。


実際に見たら写真写りが良すぎてチョイとガッカリした(>人<;)


ただ、過去の素晴らしいデザインの時計がすでに入手出来ない事があるので、その点では復刻版をリリースしてくれるのは良いですね。(^^)

変な現代解釈を混ぜ込んでおかしなデザインでなければデスが。


すでに完成した物に手を入れる事は、とても難しく、作り出した本人以外の人が弄ると、考え方、捉え方にズレが出るので失敗する事が多いように感じます。

戯言 時計のオーバーホール

数年に一度のオーバーホールはちょっとしたイベントです。事前の見積もりに出して、修理箇所がないか簡単にチェック、それから発注となります。


発注してから仕上がりまでは約3週間くらい預ける事になるので見積もりから受け取りまでおよそ1か月は時計無しとなります。


機械式の時計を持っている人は、大抵複数の時計を所有してる事が多いので全くない状態になる事はないでしょうが、何時もの時計が無いというのはなんとなく寂しさを感じる事が有ります。




特に手巻きを使っていると、いつも決まったタイミングでゼンマイを巻くのが習慣になっているので、余計に感じるかもしれません。

上の写真は自動巻きですけど(๑˃̵ᴗ˂̵)


いつも在るものがない。


いつもする事をしないでいい。


こんな時がたまにあるからこそ、余計に愛着を感じるのかもしれないですね。


さて、そんなこんなで1ヶ月過ぎて時計店からオーバーホール完了の連絡があり、時計を受け取りに行く時は、新しい時計を買いに行く気分に近いです。


受け取りの瞬間はいつもドキドキしてしまいます💓

白い手袋をつけた店員から丁寧に時計を差し出されたら、見慣れた時計ですがやはり心踊ります。


☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


時計のオーバーホールは機械式でメーカーだと5〜10万程度、一般の時計店で3〜5万程必要となります。ちょっとした出費ですね。クオーツでもオーバーホールは必要ですが、機械式より少し費用は少なくて済む事が多いですが、それでも2〜5万程は必要になります。安い時計なら新品が買えますね。💦


一般的にはおよそ5年毎にオーバーホールを実施するのを勧めていますが、私は特別な事情がある物は別として、もう少し期間を長くとります。複数の時計をローテーションで使用している為、機械の稼働時間が非常に短いのと、頻繁に分解するのは機械に負担をかけてしまい、寿命を短くするリスクを嫌うからです。


上の時計をオーバーホールした時の写真



オーバーホールの期間は人によって言う事が違いますし、絶対解より最適解で判断するのが良いと考えます。人によっては、かけるコストなど総合的にみて壊れるまでオーバーホールしないという人もいますしね。意外にも長い間大きなトラブルなく使っているケースも実際にあります。ただし、止まってしまった時は大抵、完全に壊れてしまい、復旧不可になる可能性が高いですけど。


少し極端な例をあげましたが、いい時計を所有するなら、どのように管理するかポリシーを持ち、それに沿ってきちんと維持管理できなければ、持つ喜びの全てを享受出来たとはいえないかもしれませんね。(´∀`)

戯言 時計の精度

時計の性能として、精度を気にする人が意外と多いなとかんじています。


時計は現在の時刻を知るアイテムで本質的なところですから、より正しい時刻を表示する事を求めるのは当然かと思います。


ゼンマイの機械式時計の頃から、スイスの天文台で精度を競い、クロノメーター規格の認定を受ける事が、より良い時計の証しとしてきた事もありました。


1970年に入りクオーツが日本で発売され、飛躍的に精度が向上し世界中の時計が一気にクオーツに塗り替えられていきました。(正確には1969年12月25日ですけどね)


※セイコー アストロン 世界初のクオーツ腕時計


機械式は一般的なものでゼンマイのパワーリザーブは1〜2日、精度は10〜30秒/日ですから、クオーツの電池が年単位で持続し、かつ精度は15〜30秒/月と桁違いなので、誰しもがクオーツを選択するのは自明の理ですね。


その後、クオーツの精度をより良いものにする為、月差15〜30秒を年差10〜30秒まで引き上げた物が現れるようになりました。


※グランドセイコー SBGX005 年差10秒


このような流れを時計の世界ではクオーツショックと呼んでいます。この時にスイスの時計産業は一気に減速、衰退し機械式時計は絶滅寸前まで追い込まれたのです。その後、奇跡的な復活をするのですが、それはまた後日のネタとして。♪(´ε` )


クオーツの世界も年差まで行き着きこれ以上の精度追求は限界まできていましたが、時刻を知らせる為の電波を受信し自動で常に時刻を合わせる時計が1985年にテーブルクロック、1990年に腕時計がドイツで発表され、約10万年から100万年に1秒の誤差にまで行き着きました。そりゃ原子時計と同期するんだから正確ですわな。(^。^)

ちなみに今の日本標準時は3億年に1秒の誤差だそうです。


※ユンハウス MEGA1


その後、GPSを使う物なども出てきて、もはや時計が狂うなんてのは過去の事のように思っている人が多いのではないでしょうか。スマホだって時刻を同期させてるからズレませんしね。


話は戻り、正確さを時計に求め、それに対応するデバイスがある現代ではありますが、実際の生活で秒単位のコントロールを必要としているかと言えば、そうではないですよね。😚


正確な時計がたくさんある中で、ひょんなことから、機械式の時計を使うようになり、30秒/日ズレるのが当然になりましたが、全く生活面で困る事はありません。


朝に大体合わせておけば、朝外出し帰宅するまでは約半日のことですので、ズレ幅は大雑把にいうと日差は半分ですみますし、電車などの交通機関は数分の遅れなんかザラですし、会社の始業時間も秒単位でギリギリ滑り込みなんてしないのが常識ですから、1分ズレてる時計を使っても一般的な生活面において、現実的には影響なんてほぼ無いと言えるでしょう。

そのまま時刻を合わせずに使いっぱなしだと、半月で10分近く狂いますけど、そこは使い方次第ですね。


この点から冷静に考えると、精度が重要なのではなく、その性能を満たしているモノに魅力を感じているだけでは無いかと考えるのです。


最高速300km/hを誇る高性能車を日本の一般道で走っても、その性能はオーバースペックであり、発揮する機会はほぼ無いでしょう。しかしながら、その性能に惚れ込んでいれば、渋滞する中トロトロ走ったとしても満足なのでしょうね。


※ブガッティ ヴェイロン ギネスに量販車最速で登録 最高速約430km/h!


余談が過ぎましたが、あんまり細かいことばかりに囚われるのではなく、もう少し大らかな気持ちでいられると、色々楽しめるかも知れませんね。

ヽ(*´∀`)