hubsanのブログ

とりとめもなく時計をかき集めてます。気になるのはともかくポチッとな。買って溜息、買わずに後悔。(-.-;)y-~~~
このブログは別のブログで過去に掲載した記事のストックヤードとなっています。その為更新はほとんどありません。(^-^;

たまには フレデリックコンスタント トノー ムーンフェイズ


フレデリックコンスタントのトノー ムーンフェイズです。といっても正しい名前を知りません(๑˃̵ᴗ˂̵)


ボケっと色々時計を見てたら、安くで売られていて、金色のトノーは持ってなかったので一つくらいあってもいいかと、あまりよく考えもせずに入手。(๑˃̵ᴗ˂̵)


この時計はクオーツですのでステップ運針になっています。フレコンのクオーツは人気がなく中古相場はかなりお安い設定が多いです。しかもこの時計は本体に小傷が多めだったので、それもあって安くなってたのでしょう。


これ1本だけを所持というのは、まぁナイですが、サブ的に使うのであれば、逆にかなりお買い得で穴場的な時計だと思います。(´∀`*)


フレコンならではの文字盤は、そんじよそこらの安時計とは全然クオリティが違いますし、ムーンフェイズがついていてちょっと良さげな時計にみえます。


機械式にこだわらなければ、正確にいつも動いていてくれるので、たまに使いするときの事前準備である、ゼンマイ巻き上げ、時刻合わせ、デイデイトあわせが不要なのは、まさにサブ時計としてうってつけです。ラクチンラクチンd(^_^o)


とは言え小の月にはカレンダー修正が必要ですけどね。


小傷は金専用の磨きクロスでていねいに軽めに磨けば大半は見えなくなります。完全に小傷を取ることは出来ませんが、そこは妥協してホドホドにしとかないとメッキがハゲてしまいますので要注意(^_-)


さっと仕上げてベルトを新しいものに交換したら、かなり見た目はよくなります。(*^ω^*)

お買い得感は高いですね👍


ただし、普通の丸い形の時計よりこのようなトノーとか、レクタンギュラーなどは、防水性がやや低いと言われています。


電池交換した時にラウンド型だと適当なパッキンを流用して新しいものに交換出来ますが、この系統は専用のものでないと角の形状なども異なるため、基本的にグリース塗布して再利用するしかありません。

その為、中古で年数が経っているものは、パッキンがへたっている可能性が高く、その点を考慮して使う必要があります。

水濡れ、汗かき、湿度が高い時は要注意でしょうね。


まぁ、気になるのであればメーカーに電池とあわせてパッキンの交換を注文すれば良いのですが、クオーツの電池交換なんか自分でやればかなり安く、サッと出来ちゃうのでバカらしいというのがホンネです。


安いので大事にしすぎることなく、ダメになるまで使い倒すのがいいのかもね。(≧∀≦)

お飾りになった セイコー ゴールドフェザー


アンティークのセイコー ゴールドフェザーです。


このゴールドフェザーは2本目となります。先のは変わり文字盤でしたが、こちらはスタンダードなタイプです。


これを入手した時はかなり文字盤の痛みが進行していて、そのまま使うにはキツかったのでオーバーホール兼ねて文字盤をリダンをしました。


最近はリダンを受け付けてくれる所も減りつつありますが、まだネットで探せばありますね。ただ、リダンは業者によって値段も品質もマチマチでHPに掲載されてる画像だけでの判断はかなり困難です。どのみちいい画像しかあげてないでしょうし。( ̄3 ̄)


今回お願いしたのは国内の業者さんでしたが、まぁ、まずまずの仕上がり。

ちょいと文字が太ったりしてますが、元と比べたらという範囲なので、仕上がりについてはそれほど不満はありません。


この時計をオーバーホールしてもらったら竜頭での時刻合わせが、異様に重くなり散々クレームしたのですがラチがあかず遠方の業者だったのでとうとう泣き寝入りとなってしまい、使えない時計となってしまいました。ホント腹立たしいことです。


口で治そうとするのは最低ですね。。長年の職人でクレームなんか受けたことがないなんてよく言えたもんです。職人なら口ではなく技術で返せと言ってもダメでした。👎


ま、そんな事で折角リダンと、オーバーホールのコストをかけたにもかかわらず、時刻合わせする時に巻き心がねじきれそうなので、全く使う気になれず自分の中では、只のガラになってしまいました。残念。(´;ω;`)


そのうち、もう一つの変わり文字盤のモノとガッチャにしちやおうかと思ってます。それか、別の個体を探すかかな。。


オーバーホールなどをお願いする業者は評判など事前にわかる所に出した方が良いかもですね。初めての所は、技術があるかどうかなんてわからないですしね。壊されたらそれでおしまいですよ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

たまには オリエント ワールドステージコレクション


オリエントのワールドステージコレクションです。


以前手に入れたレトログラードの出来に満足いかず、しばらくオリエントから遠ざかっていました。(๑˃̵ᴗ˂̵)


ある時ボケっとウインドーショッピングみたいに、あちこちのwebを彷徨っていた時、ふと目にとまったのがこやつです。


パッと見にカッチョ良さげなのにオリエントならではの爆安価格で、これなら手を出してもいいかと、兎も角ポチっとな〜w


特に不満を感じやすい針とインデックスの関係は悪くなく、曜日の表示が12時の位置に表示してるのは、なんか良さげな感じでちょっと気に入りました。


いつもの如く、このクラスのものは現物確認もせずポチりますので、届いた時に期待通りか、裏切られるのか、結構ワクワクしながら箱から取り出します。この初めて手にする時の期待感はたまらないっす(*≧∀≦*)


で、実際手にした感想は、全体としては悪くなかったッス。( ^∀^)


全て満足かと言えばそうでもありません。😅

先ずベルトがやたらギラギラして下品す。だだこれはベルトを革ベルトに交換してしまえば問題なし。d(^_^o)




次に気になるのは文字盤がプラスチッキーで、チト安っぽい感じがします。


ほんでもって、これはコストかけられないのでしゃーないですが、見た目より軽いです。まぁこれは持ってる本人しかわからないので、ここは妥協する所ですね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)


最後に、手巻きがついてません。自動巻きのみ。これは機械式の中でも一番面倒くさく感じるとこですね。

ダラリーマンは早めに起床なんて出来ませんし、ついついテレビとか見てしまう事もあり、そんなに余裕ぶっこいた素敵な朝ではありません。

テヘ(*⁰▿⁰*)


なので、時計をフリフリ、デイデイトを合わせ、時間を合わせてなんてやってると意外にも時間がかかります。


あ、あとこの時計もハックはついてないです。几帳面な御仁は秒針まで合わせないと気持ち悪いハズ。機械式なんで、結局ズレるのですから、そこは大体で済ませる気持ちを持てるようにしないとね〜。(๑・̑◡・̑๑)


装いをブラウン系統でまとめた時、手元を少し華やかにするのには役立ってます。何が何でも高級なモノで固める必要はなく、違和感を感じさせないポイントをキチンと押さえれば、この安時計でも装いを組み立てる事は可能でしょう。とは言え、ブラウン系統で組み立てるのはかなり難しいです。(*´Д`*)