hubsanのブログ

とりとめもなく時計をかき集めてます。気になるのはともかくポチッとな。買って溜息、買わずに後悔。(-.-;)y-~~~
このブログは別のブログで過去に掲載した記事のストックヤードとなっています。その為更新はほとんどありません。(^-^;

出番のない セイコー クレドール


セイコーのクレドールです。


セイコーにはこのクレドールとグランドセイコーという2つの高級ラインがありますが、クレドールはドレッシーなラインナップになります。


とはいえ、このクレドールは一番シンプルな機種なので、他のシリーズとたいしてかわりなく。(=^ェ^=)


クレドールらしいと言えるのは、竜頭に石がハマってるくらいでしょう。

このクレドールは実は2本目になります。最初はヨメとセットになってました。という事で当初は文字盤がシルバーのタイプでお揃いになってました。


しかしながら、たいして使ってないにもかかわらず、ある日突然のご臨終となり、しゃーないので自分のだけ買い換える事となりました。


あえてお揃いにしなくてもいいかなと気分を変えて金色の文字盤をチョイスしたのがこやつです。(*'▽'*)


中の人は年差クオーツで8Jが入ってます。文字盤が金色なのでちとおっさんクサイ感じがして、余計と使わなくなりました。失敗したかな〜。。

ま、いっか。(๑˃̵ᴗ˂̵)


普段でも使いやすいのはシルバー文字盤で、見た目も旭光仕上げになっているのであっしとしては好きでした。

この金色文字盤はじっくり眺めていると良い仕上がりという事はわかるのですが、そんなシゲシゲと見つめることなんてまず無いです。😅


ちなみにヨメのクレドールも文字盤が劣化しはじめ一部変色しています。あっしとクレドールは相性が悪いのかも。なんかトラブルが多いような気がしてなりません。


という事で出番のない時計となってしまいました。チーン(〃ω〃)

少し変わったモノ ハミルトン ジャズマスター レギュレーター


ハミルトンのジャズマスター レギュレーターです。


すでにオリスのレギュレーターは持っているものの、仕上がりがちょっと上品過ぎてパッと見にレギュレーターぽく無いので、今回はデザイン優先でチョイスしてみました(*≧∀≦*)


スタンダードなレイアウトのレギュレーターや少しお遊び感のあるものなどいくつか候補がありましたが、コスト的に入手し易く、個性的な時計となるとこの子が妥当かと思われ、手に入れました。


機種が決まっても色をどうするかが、また、悩むところですよね。


ジャズマスターのレギュレーターは、黒に近い紺色と、この少しアイボリーがかった白の2つがあり、どちらも現物を見るとカッコイイです。写真うつりは紺色が圧倒的にカッコイイです。


あっしのコレクションはデザインされてる系統は黒文字盤が多く、白系はスタンダードな時計が多いので、今回は白系にしました。そんなに高いものでも無いので、気になるようであれば紺色も買えば良いかなと。


そういえばハミルトンの時計は今回初めて。どうしてもこの辺りは中途半端なところで、学生や新入社員が最初に買うか、完全にカジュアル用として買うイメージ、固定観念みたいなのがあり、今まで積極的に手を出してきませんでした。(*≧∀≦*)


今回初めてのハミルトンですが、ちょっと見直したというのが第一印象です。


アメリカのメーカーらしくやや大柄なのは良いとして、無垢材を使用したシッカリとした作りのベルト、文字盤の装飾をダイアル毎に異なるデザインにするなど、意外にもモノの良さが感じられます。


最初にこれを見た時はレギュレーターのくせに秒針がやたら短いのが気になっていたのですが、デザインを優先してそれぞれの要素をレイアウトしようとするならば、イロイロ試行錯誤しても、落ち着かせるためには、この配置とインデックスなどの大きさ、表示でなければならず、そうすると、分針のセンターがあるので、この形にせざるを得ないのはシゲシゲと眺めていると理解出来ました。


この時計はデザイン優先ですから、この割り切りで良いのですね。(o^^o)


中の人はETAがベースになっています。ハミルトンはスウォッチグループなので今後も供給の面で安心です。

今後はETAも少しづつ値上がりしていくのでしょうか。そこがちと心配です。


ハミルトンブランドの格付けはさておき、時計そのものを見たらこのクラスではかなり良いのでは無いかと思います。レギュレーターという特殊な仕様ですので単純に学生や新入社員向けというイメージとは一線を引いて見れるのも良いのかもしれないですね

(((o(*゚▽゚*)o)))♡

たまには シチズン エクシード


シチズンのエクシードです。


エクシードはこれで2本目。

シェルの文字盤がトレードマークになってますね〜(´∀`*)


これもソーラーになっているのですが、あんまりそんな雰囲気を見せないのが良いですね。


ちなみにこれは元ジャンクで、えらい安くで入手しました。


キャパシタ(充電池)がへたっていていくらお日様に当てても充電されない状態。そこで、この機種のキャパシタの品番を検索し、アマゾンで販売してたのでポチッとな〜( ^∀^)


電池が届いてソソクサと裏ブタ開けて、電池を交換。ついでにムーブを本体から取り出し超音波洗浄機でガッツリ汚れを落として、その後シッカリと乾燥させてコンパウンドでゴシゴシ、ゴシゴシ。またまた、洗浄機でコンパウンドの粉を除去して、ムーブを元に戻します。


おかげでめっさスッキリしました

(*≧∀≦*)


少し古めのエクシードだったのですがなんという事でしょう!Σ('◉⌓◉’)

あんなにくたびれた時計がすっかり生まれ変わったではありませんか!


まぁ、ベルトの金メッキ部分はちとハゲて色が薄くなってしまってますが、それ以外は問題なし。精度も申し分ないです。年差のエクシードとさして大きな差異が出ません。こらまたびっくり‼️


という事で、ジャンクが化けて真っ当な時計になりました。




中のムーブはA784Gと記載されてます。金属のカバーが付いてますので、若干の対磁性能もあるのではないでしょうか。このようにカバーの有無でスタンダードな製品か少し良い製品かがわかりますね。(๑・̑◡・̑๑)


カバーやムーブ自身に装飾が入るとさらに上級ラインと考えて良いでしょう。実用ベースで考えるならば、装飾なしでカバーがついているのがほどほどかと思います。


少し古めなので、昨今の時計に比べて小ぶりではありますがドレッシーなので、違和感はありません。


シェル文字盤はほんとキレイです。そういえばもう一つのエクシードとはシェルが埋め込まれている場所が異なり、こちらはインデックスの外周、もう一つの紺色は中心部がシェルになっていて、配置が逆になってます。

あっしとしては紺色のように中心部分に配置されてるのが好きです。


エクシードはわりと上級ラインになりますが、元ジャンクで入手してるのでイマイチ思い入れもなく、扱いがついつい雑になってしまいます(≧∇≦)