hubsanのブログ

とりとめもなく時計をかき集めてます。気になるのはともかくポチッとな。買って溜息、買わずに後悔。
(-.-;)y-~~~

戯言 時計の衣替え

季節の変わり目で時計も衣替えをしています。


暑くなって汗ばむ季節は金属ベルト、涼しくなると革ベルトにします。交換するベルトがあるやつだけですけど。(๑>◡<๑)


同じ時計でも、ベルトを替えるだけでかなり印象が変わるので、これも楽しみの一つとなっています。


ちなみに、9月末まではこんな感じ



10月からはこのように。


今回は青系のベルトにしてみました。

(*'▽'*)


革ベルトは安いものだと数千円からあるので、色違いでいくつかのベルトを揃えると、付け替えながら雰囲気を替えて楽しめます。d(^_^o)


革の質感や、色、縫製のステッチ、仕立てなどで思った以上に雰囲気がガラリと変えられます。



ずっと同じ時計ばかりしてると飽きがきてしまいますが、ベルトを替えるだけで新しい時計を買ったような気になれます。(^-^)


ベルトは消耗品なので、あまりこだわりすぎないように、価格にして1万円以内まででチョイスするのがあっし流。もちろん時計自身がそれなりのものには、相応のものをつかいます。


革ベルトはどうしても使ってると劣化しますので、多少の割り切りが必要です。


自分でベルトを付け替えるには、専用の工具が必要ですが、たまに工具付きで販売してることもあり、いくつかベルトを買い揃えるうちに自然と増えていきます。

ただ、オマケでくれる物ですから、大したものではないですが、それでもないよりはマシです。


何回か自分で交換してみて、慣れてきたら、ちゃんとした工具を入手しても良いかもです。


自分で交換すると時計にキズ付けてしまったり、ベルトをとめるバネ棒をすっ飛ばしたり、金属ベルトのパーツがどこかへいって紛失したりするので、そこは自己責任で!充分注意してくださいね(๑・̑◡・̑๑)


その他注意点として、ベルトが替えられる機種と、交換出来ないものがあります。また、ベルトの幅がmm単位となっているので最初は時計店で相談するのが安全です。


お店でベルトを買うと、大抵はサービスで交換作業をしてくれるので手間もかかりません。ものの数分で作業は終わります。👍


今まで付いていたベルトはまた再使用する事もあるので、無くさないようにしてくださいね。


あと、革ベルトにした際にベルトの留め方が慣れていないと、付け外しの時に落下させてしまう事があります。

慣れるまでは机の上等で付け外ししてください。大事な時計を破損させないようにしないとね。


落下対策としてはDバックル、3つ折れバックルという留め金に変更するのがオススメです。


私はほとんどの革ベルトはDバックルにしています。付け外しがとても楽で、ベルトの両端が繋がったままになるので、落とす心配がなくなります。

見た目もちょっとヨサゲな感じになります(≧∀≦)


あと、細かい事だけどDバックルだとベルトが痛みにくく長持ちさせられます。


一般的な尾錠は、ベルトが曲げられている上に、センターのピンが付け外しする度にベルトの穴に挿したり抜いたりするので穴が広がっていきます。


かたやDバックルは上下にベルトが並ぶ形状なので無理な曲げはなく、センターのピンも挿したままの為、痛みにくいです。


バックルは主に構造が3つ折れ、観音開きの2タイプ、留め金の仕組みが、嵌め込み方式とプッシュ方式がありますが、少し高くても、構造はともかくプッシュ方式が使いやすくオススメです。


写真の金色が3つ折れのプッシュ式、銀色が観音開きの嵌め込みタイプになります。




革ベルトにしたら、併せてお試しください。

ヽ(*´∀`)

戯言 だって好きなんだもん

今回はちと時計ネタから離れます。

ネタが尽きたとか、

ち、ちゃいますから〜:(;゙゚'ω゚'):


ま、いっか。


電車に乗車中は新幹線や特急以外だと、パソコンを使う事が出来ないので、頭の中で進行中の仕事を整理したり、施策を考えたりするのですが、四六時中そんな事出来ないのが凡人であるあっし。😝


と、いいなごらこれを書いてるのは、出張で長時間の乗車中。スマホでポチポチと書いてます。気晴らしやね。


最初はザッとその日の仕事を頭の中で整理し、必要事項をメールで自分に送り、余った時間に色々思いを巡らせてみました。


ちょうど斜め前に高校生らしき女の子が乗降口の窓ガラスに映る自分を見ながら、せっせとポニーテールをお手入れ中。かわい〜なぁ。(o^^o)


変質者の気はありませんのでご安心を。w


そういえば、自分はこの年頃の頃どうだったかなと、はるか昔を振り返って見ました。(*≧∀≦*)


当時は高度成長時代。懐かしいですねー。長い不景気から少し明るさが見え隠れするようになってきたものの、まだ当時のようにはいかないものですね。


当時は少し背伸びしてジャケットを着込んでカッコつけたり、バンド組んだりして夜中に仲間と街を徘徊して公園や無人の駅でセッションしたり、バイク乗り回してコーナーでぶっ飛んだり。。アホですなぁ。w


でも楽しかったし、音楽もバイクも女の子も好きでした。(*^_^*)モテることはなかったけどな。。


ここを訪れてくれる方達のブログを拝見していると、恋愛真っ只中の方もいらっしゃいますねー。読んでいると、こんな気持ちを持ったのはいつだっけ?と苦笑いしたり、楽しく読んでいます。


今は妻子ある身なのであえてそこへ踏み込まないよう日々気を付けていますが、それが自然になると、忘れていたと表現するような状況になるのでしょうね。


しかーし!本当にそうなのか?


確かに押し殺している内に慣れはします。しかしながら、心底では違うと考えます。理性は人によって強さは様々なので絶対ではない事はわかりますが。


ま、自分は理性がやや弱い方ですけどね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)


もしくは、好きの感情が他の人よりやや強いのかもしれません。かつ、やたらに守備範囲が広い!(◎_◎;)

広く浅くに、、いや、広くやや深くだな。


だから趣味の世界でもその片鱗が出てくるのかもしれません。


それまでは全く気にもしなかったのに、ある日突然意識しだしたら、ターゲットロックオン!

あとはガムシャラに首をツッコミ、それなりに深くハマって、次のターゲット?!が現れるまではハマり続けます。たいていは。


やっぱりアホだわ。。


でも、言わせて頂く。


そんな自分が大好きだ〜(//∇//)


物欲の権化、欲に取り憑かれた亡者、なんとでも言ってください。褒め言葉ととっておきます。


ホント救いようがないな。でも、すっきりした。


あ、そろそろ目的地なので、電車おりなきゃ。🚃


ではでは。

戯言 価値について。追記

時計の価値について前回自分なりの考えをまとめてみましたが、先日ふとした事で、別の観点も見出したのでオマケとして。( ^ω^ )


仕事で疲れ果て、夜中にようやく落ち着きを取り戻し眠くなるまでの間、好きな時計をボケっと眺めていました。


その間何を考えていたかというと、一つ一つの細かなパーツを手作業で装飾し、エッジを磨き上げる光景や、この時計をデザインした人は何を想いイメージして創ったのかなどなど。

(*´ω`*)




実は少し前までは工業デザイナーとしてモノのデザインをしていました。


使う人達は、製品をなんとなくで使っているとおもいます。そもそもデザインしてるなんて意識さえしないでしょう。


ペンであろうが、醤油だろうが、路上で配られるポケットティッシュや、配る人のユニフォーム、輸送用のダンボール、そこに記載されている荷扱マークまでもが、全て誰かがデザインしているのです。


デザイン・榮久庵憲司

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/榮久庵憲司



私は創る側の人として、工業製品といえど

企業のアイデンティティ、製品の立ち位置、ブランディング、

使い易さ、他の製品との識別性や、誤使用防止、素材、配色

製造上の都合や、工場での作り易さ、製造国、安全性、廃棄されるまでの流れ、

法的及びその他要求事項やケアマークの配置、可読性、

海外で販売する製品は地域特性など

色々考えに考えて、関係者の意見も聞きながら、自分なりの意志も含め、与えられる短い時間の中で精一杯デザインしてきました。


様々な制約の中でようやく世に送り出した製品が誰かの、何かの役に立っていれば良いなといつも思っています。


そんな経験があるから、どんな物にもデザイナーが苦労して世に送り出してきた物の裏にはいろんな出来事があったのだろうと、つい想いを巡らせてしまうのです。


ほんと色々ありました。。

今は過ぎた事として冷静になれますが、問題が出た時は胃がキリキリ、頭はグルグル、冷や汗ダラダラでした💦

フォローしてくださった工場の方々や、営業部門の方々、関係した皆様への感謝の念は今も変わらないです。


そう考えると、絵画を見る時も画家がどのような心境、時代背景、境遇だったのか等いくつもの要素をからめて観ると、とても面白く観ることができます。

心情が読み取れた時はニヤッとしたりね。😊

工業製品とアートは別と考えていたけど、実はモノを生み出す事においては似たところがあるなと感じました。


だからボケっと時計を見ていても楽しいのかもしれないですね。

╰(*´︶`*)╯♡