hubsanのブログ

とりとめもなく時計をかき集めてます。気になるのはともかくポチッとな。買って溜息、買わずに後悔。(-.-;)y-~~~
このブログは別のブログで過去に掲載した記事のストックヤードとなっています。その為更新はほとんどありません。(^-^;

小粋なやつ レベルソ クラシック


ジャガールクルトのレベルソクラシックです。


もともとこのクラシックはいつか手に入れたいと思っていた時計だったのですが、ついつい浮気心で違うものばかりに手を出して、入手はかなり後になりました。(≧∀≦)


ジャガールクルトと言えばレベルソがド定番。1931年に発表されてから基本的なデザインを変えずに今に至る超ロングセラーの時計です。


レベルソとはラテン語で回転するという意味だそうです。


※初代モデル


余談ですがシチズンの創立は1930年です。歴史ありますね〜

ヽ(´ー`)



もともとはポロ競技でガラスが割れないように本体を裏返して保護する機能だったのですが、今となってはサファイアガラスになったおかげで滅多に割れたりする事は無くなりました。


そこで、裏返した時に時計の中身が見えるシースルーにしたり、表とは異なったデザインの文字盤を付けて、リバーシブル仕様になった物が増えてきました。1本で2本分楽しめるので使いこなしの幅が広がりますね〜。


まぁそれはそれで良いのですが、あっしは元々のシンプルなデザインがレベルソの源流であり、上品である事を第一に考えれば、余計なものは極力排除したいと思ってました。よって、レベルソは数多あれど自分はクラシック一択という事になります。( ˘ω˘ )



昨今の時計はデカアツになってきていますが、このクラシックは本体が23x38mmのかなり小ぶりなサイズとなっていて、シャツの袖口でやたら目立つ事もなく、控え目な装いとなるので、レクタンギュラーの時計の中では使いやすい時計だと思います。


意外にスーツだけではなく、カジュアルでも、合わせやすいのでオフの時でも出番があります。


なんだかんだ言って、このレベルソはかなりお気に入りの1本となりました。


ジャガールクルトはハデではなく上品なデザインが多いですが、冷たい感じではなくどことなく色気があるのが惹かれます。

(*´∇`*)