hubsanのブログ

とりとめもなく時計をかき集めてます。気になるのはともかくポチッとな。買って溜息、買わずに後悔。
(-.-;)y-~~~

マニアックな ブローバ アキュトロン2


ブローバのアキュトロン2です。

あまり日本では馴染みがないメーカーですが、アメリカでは一般的です。

とは言え、実はCITIZENに買収されてしまったです。


新宿の地下通路に大きめのブローバの広告が張り出されています。シチズンのおかげかもね。


そう言えば、フレデリックコンスタント、ラジューペレもシチズンに買収されましたね。頑張りますねェ。


さて、話しは戻りブローバというとやっぱ音叉時計の、アキュトロンをイメージします。今も根強い人気があります。(マニア限定デスが)


この時計の12時の位置にブローバ社のロゴがありますが、音叉の形になっています。


で、同じ名前のアキュトロン2ですが、音叉時計ではありません(>人<;)

しかしながら、音叉時計と同じようにスイープ運針でヌメーと秒針が動作します。しかも、年差です。そのくせ価格がめっさ安い!これで気にならないなんてナイっしょ(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)


クオーツを262KHzで動作(通常の約8倍⁈)にして精度をあげてるのですが、セイコーとかの緻密な制御とは異なり、発想がいかにもアメリカぽいな〜と感じます。実際、日本の年差みたいにブレが少ない訳ではなく、それなりのブレがあり、モノによってはかなりズレるらしいですw


まぁそうは言っても、通常よりは確かに高精度であることは間違いなく、コストパフォーマンスは相当に良いですね。


やや大きめですが、昨今のデカアツのおかげで、それ程違和感は少ないです。自分としては、やっぱチトデカいなと思いますけど〜(-。-;


あと、ケースの仕上げですが、ベルトを取り付ける見えない部分までツルっとしていて、意外にもよく作ってる印象を受けます。歪みも少ないですし。


メッキはPVDなのですが、いつまでハゲずにもつか気になるとことです。あとは電池の持ちですかね〜


人とカブるのがいやな人にはイイかもね👍


たまには オメガ コンステレーション(機械式)


機械式のコンステレーションです。ベゼルがWG、文字盤は絹目になっているモデルです。


このコンステとよく似たデザインのグローブマスターがリリースされてちょっと嬉しかったりして。👍


コンステレーションは音叉式と機械式の2本を持っていますが、同じCラインケースではあるものの、実はデザインがけっこう異なります。


文字盤側から見ると、ギザギザのベゼル以外はあんまり変わり無いのですが、ケースサイドは形状が異なり、機械式はのっぺりしています。少し厚みのある板を腕の湾曲にあわせて曲げただけのシンプルなデザインです。


かたや、音叉式のケースは上下それぞれに斜めカットされていて、それが中心できれいにあわさる造詣です。(言葉で表現するのは難しいですなぁ)下にいれた写真の左が機械式、右が音叉です。



正直いうと、音叉式のケースの方が造形的に美しくお気に入りのため、音叉式が普段使いのローテーションに入って、かたや機械式はたまに使いになっている要因の一つになってます。


あと、実際使うとき機械式だとゼンマイ巻上げ、時間、日にちあわせ等を行う必要があり、朝の時間に余裕があるときだけになるので、つい普段は電池系に偏ってしまうというのもあるんですが(๑˃̵ᴗ˂̵)


そう言えば、このデイデイトにはクセがあり、竜頭一段引いて時刻合わせ、2段引きするとデイトがカシャと切り替わる仕様となってます。

その為、日付け合わせでは何度も竜頭を引いては戻すを繰り返す事となり、機械に負荷がかかり、ヘタこいたら壊れるのではないかと心配してます。そーでなくてもこの頃のコンステのデイト周りは壊れやすいので、注意が必要です。

日付けは早送りできるものの、曜日は早送り出来ず結局時計の針をぐるぐる回して合わせるので、日付けの早送は、意味が無いときがあります。(ー ー;)


話が脱線しちゃったけど、音叉とのデザインの違いといえば、6時位置にあるコンステレーションの文字と、お星さまの表示位置が逆になっています。同じブランドだから位置を変更するのって違和感がありゃーしませんか?

ブランド戦略においてこういう統一感の欠如って、あんまりよくないと思うんだけど意図してやっているんだろーか。誰か知っていたら教えてチョーダイ。


オールド・クオーツ SEIKO ツインクオーツ 9441


SEIKOのツインクオーツです。1980年の古い時計でありながら、年差クオーツで年差±10秒というものです。ただ、9Fと比べると前後のブレは大きいデス。まぁ、年間での差だから短期間での誤差云々は無しって事で。


中身はCal.9441Aで8Jとなっています。

ムーブ全体が金色の金属でカバーされていて、見た目悪くないっす。

ADJUSTED TO TEMPERATUREの表記と調整ネジもあるので、温度補正の調整可能なんでしょうか。今のところ精度の衰えも無く元気に動いてくれていますので、ヘタにはいじらないのが吉かもね。



こやつもジャンクで入手したものですが、元々から綺麗な状態で、日常的につく軽い汚れをふき取る程度で十分にピカピカになりました。

中もチェックしたのですが、まぁ綺麗なもんでした。以前入手したKING SEIKOのコテコテドロドロとは雲泥の違い。ジャンクであってもモトモトが綺麗なものは気分いいっすネ。⤴︎


風防はチト冷たい感触で透明感が高くまっ平なのでおそらくサファイアガラスだと思います。くっきりすっきり〜


SSベルトはノビもなくなかなかのGoodコンディションだけど、ちょいとベルトの長さが短めだったので、同機種のジャンクを入手してベルトの駒を追加してジャストフィット!👍


こやつのペットネームは現在不明の名無しのコですが、ツインクオーツ搭載ということはそれなりの高級機種だったのでしょう。タブンね。文字盤にはとても細かい模様が入っていて、12時位置のインデックスにはうっすらとSマークがあしらわれ、雰囲気は上々デス。


デザインはかなりカクカクしているので若干の古っぽさと、微妙なトンガった感じがいい味だしています。年齢的にオッサンなもんで意外に気に入っていたりして。(≧∇≦)


ロイヤルオークの初期のエッジがたったベルトにもちょっと通じるモノがあるかと勝手に良い解釈してみたり。勝手なコトイウナっての。(๑˃̵ᴗ˂̵)


カクカク時計はネイビーのスーツに無地のタイとストレートチップの靴、メガネは細フレームであわせるとクールな感じになるのでイイっすd(^_^o)


しかし、オールドクオーツというとなぜかSEIKOばかりになってしまいますなぁ。別に意図してそうーしているワケではないんデスがね。。