hubsanのブログ

とりとめもなく時計をかき集めてます。気になるのはともかくポチッとな。買って溜息、買わずに後悔。
(-.-;)y-~~~

名無しの SEIKO 6660


親父の遺品から出てきた時計でSEIKO6660-7020(SS)シルバーダイヤル仕様です。


この時計にはペットネームがついておらず6660というキャリパーNo.がそのまま名前となっているようです。

製造番号から1966年製造で、他の方のHPを拝見すると、長ド短期の1年間しか製造していなかった時計のようです。


どーりでなかなか見かけることがないワケですな。


この時計は手巻きの21石で、ケースがかなり小さく、かつ、かなりの薄型です。形状もハマグリ型なので、その流れを汲んでいるのかも。


ベゼルにはかなり細かい溝が掘られていて、ドレッシーな仕上がりとなってます。当時としてはそこそこの値段したようで、わりといいものだったようです。そーは言ってもグランドやキングとかに全然及ばないのは一目瞭然です。


亡父の遺品の中からいくつか時計が出てきたのですが、この時計が一番綺麗で全然使い込まれたあとがありませんでした。

他にオメガとかも出てきて、そっちはそれなりに使われたようで、文字盤に劣化がみられたのですが、こちらはミントといっても過言ではないほどヤケや錆がなく、チョイとケースを磨くとペッカペカになりました。なんで使わなかったのかは謎。


ただ、さすがに長いこと使われていなかったせいで、見つけたときは竜頭は重く、ゼンマイ巻き上げても動作が安定せず、タイムグラファーでの計測グラフの線は破線状でぐちゃぐちゃに表示され、おそらく買ってから一度もOHされていないのではないかと思われる状態でした。完全に油は切れてますね。


裏蓋をあけてみたところ、キャリパーに錆はでていなかったので、OHで十分に復活すると想定され、とりあえず昔からやっている時計屋さんに託してみました。

1ヶ月ほどでOHは完了し、動作には全く問題が無く、革ベルトを交換してあげるとすっかり元気になりました。(^.^)

が、非防水の時計の悲しさかな、めったにつける機会はなく。。。ほとんどコレクションBOXでおネンネです。


まぁ、分単位のメモリがない時点でダラリーマンが会社にしていくような時計でないことはたしか。


忘れていたのか、他の時計に切り替えたのか、今となってはわかりませんが、捨てられなかっただけよかったのかもしれません。

たまには IWC ポートフィノ


今回は、IWCポートフィノです。


IWCの中ではベーシックなポートフィノ。

真っ白な文字盤に筆記体でかかれた社名と製品名が清楚な感じでステキです。(╹◡╹)


スタンダードなモデルで、特にコレっ!って特徴がないほどにすっきりさん。

唯一、竜頭にお魚さんマークがかわいく入っている位か。

なんの飾り気もないのが、逆に機能美といってもいいかも。d(^_^o)


こういうベーシックなデザインはいつまでたっても使い続けられるのがいいですね。


写真画像では針が黒く写っているけど実際は銀色の針で、文字盤のマットな白と銀色の針で綺麗なんだけど状況によっては見辛い事もあり、実用面ではちょっと難ありかな。


購入のきっかけは、ガチでフォーマルに使える時計を1つはもっておかなきゃという思いこみと、IWCを当時は持ってなかったので、ほぼ決めうちでポートフィノを購入。


ポルトギーゼとかも興味がなかったわけではないけど、フォーマル用として使えそうで、予算にあてはまる時計とか考えると他に選択肢がほとんどなかったと思い込んでかいマスタ。(^◇^;)


使ってみて気になったのは、どーも巻き上げの効率がチト悪いんでない?!という事と、ローターの回転音が若干うるさいス。中の人は基本エタだしね。。


でも、まぁ、このスッキリ小顔ちゃんにやられていたので、多少の点はご愛嬌。


あと、実際のトコロ、フォーマルきめる機会ってそんなにないんだよな。。

フォーマル用のスーツなんか、1年に1回使えばいいほうだしネ。


時計だから、別にフォーマル専用にする必要性はなく、仕事にいくときに使っても全然ヘンではないし、使う機会の少ないスーツよりはまだ出番があるからエエかな。


ただ、シャツ、スーツ、ネクタイで上手くバランスとらなきゃカタイ感じになっちゃうけどね。


写真にはうつってないけど、DバックルをIWC純正のものを使ってます。

アンティークとか、革バンドの物はほとんどDバックル化してるけど、デザインがみんな同じになっちゃうので、せめてIWCだけでもと、純正バックルを入手。少しカクカクしてるけど、ちょいとカッチョよくなりました。

興味本位で メモリジン トラベラーズ


メモリジンのトゥールビヨンになります。いわゆる中華ビヨンといわれるやつですねw


時計に興味があると、やはりトゥールビヨンは気になる存在。

しかしながらマジメにスイスブランドのトゥールビヨンを買おうとすると、とんでもない金額で、一般庶民であるダラリーマンには遠い存在。まさに雲の上(^◇^;)


そんな中で、なんだかんだいって中国製の時計はマルビには強いみかた。

数ある中でも日本に代理店を持ち、(今のところ)アフターもあり、それなりの品質で提供されているトゥールビヨンといえば、メモリジンは(まだ)安心できる時計のうちの1つでしょう。ヨドバシでも売ってるしね👍


このトラベラーはメモリジンのトゥールビヨンの中では一番スタンダードなモノとはいえ、それでもソコソコなお値段になります。正直、ホント趣味でどーしてもトゥールビヨンを持ちたいって人しか買えないシロモノっすね。この金額を払えば、他にもっといいのがたくさんあります。

そういう意味ではいくら安いとはいえ、贅沢なのかもしれないすねぇ。ƪ(˘⌣˘)ʃ


もちろんのこと、この系統の時計買うのであれば新品で信頼できるお店経由でしか手を出す勇気はござんせん。でないと、買ったばかりなのにトラブルってしまうと後々メンドーです。


まぁ、時計としてはそれほど悪いってことはありません。そもそもトゥールビヨンが手元で動くこと(だけ)に価値を見出していましたから、その他のコトは一切気にしません。d(^_^o)


説明書の冊子が低解像度の画像ヘーキでつかってショボイ仕上げとか、ぱっと見には裏スケからのぞき見る綺麗なムーブは、よーく見ると面トリとか手はかけられてないとか(価格がそれなりだから、期待するほうがどーかしてる)、思っていたよりもデカアツだったとか、GMTとかサン&ムーンの合わせが面倒だとか(そもそも使わないので気にするモノでもない)等々、普通に使う分には、気にしなければ別段問題ないし、気にする人にはタブンだめだろーし、スゲー微妙なところのヤーツです。


色々言うことあれど、精度としてはそれほど問題もなく、トゥールビヨンのキャリッジがクルクル回る様は見ていて面白いので、自分としては納得すね。


この時計はデカ目でしかも文字盤側からキャリッジが見えるので、ハタ目からは結構目立ちマス。友人とメシを食べるときにつけていたら、目を引くみたいでしきりにネタにされ、それ以降は自分一人だけで過ごすときにしか使わなくなりました。。


そもそも文字盤側からテンプが見えるようなモノって、やはり目を引きやすいですよねぇ。いかにも機械式時計つけてまっせ〜みたいな。トゥールビヨンはそれ自身に価値があるので、見せるのはアリかもしれないですが、装いのうちの一つとして見たら、主張がありすぎっすね。


中身が見える時計としては、この時計以外にEPOSの両面スケルトン仕様を持ってましたが、使う機会が少なく、OHしてからドナドナしちゃいましたw


この時計は使われる機会はほとんどないものの、自分のコレクションの中での変り種として残していくことになりそーです。


あ、そうそう、メモリジンの時計を購入するときにムーブに文字を刻み込むサービスがあり、ちょっとしたお遊びができるのは魅力かもしれません。

時計のケースに文字などを刻むサービスはちょいちょいありますけど、ムーブはあまり聞いたことナイです。